<< お返事です | main | 最近戦闘はすべてオートです >>
2009.05.05 Tuesday

うらしまー

お久しぶりです、浦島太郎です。

自分の原稿と卒論が忙しくてこっちに全く顔を出せてなくてすみません…

あ。無事卒業できました。

原稿はまだ終わってません。というか今年に入ってから原稿が終わりを見せません。



アンソロとかなんだかもうオリキャラRPGも止まるところを知りませんね!

私も参加したかったのですが、別の締め切りと被ってまして…orz

今日、コミティアにいけなかったので準備号を通販させていただきたく思います。



それでも妄想だけはしっかりとしてました。自分のキャラ中心ですが…

キャラ図鑑を見ながら、アシュレと月乃葉のイベント終了後、

「各地のモンスター情報などを教えてくれるようになる」ってところから

モンスターといえば、学者のイヴェルさんと交流があったらいいなと思ったり。

書きかけで終わってるSSでアシュレと月乃葉はノクトが子供のころに会っていて、

手の上だとすっごく冷たいのに口に入れると温かい不思議な飴をあげてるというエピソードを考えていたので、

それも踏まえてイヴェルさんと交流したいなぁと思ったりしてます。

ノクトは(わりと頭が固いので)アシュレたちが当時のお菓子の人とはもしかして…?と思うけど最終的には否定してしまうのですが、

イヴェルさんなら柔軟な頭脳なのでもしかしてーと思ったりするとか…  妄 想 で す !!



ノクトの剣ですが。

彼が氷刃騎士団に入団したとき、自分用に買ったもので、それ以来ずーっとパートナーでした。

自分の年の半分以上一緒にいた剣で、不思議と歯こぼれなどなく、神がかってると仲間うちでいわれてたんですが、

そんな剣が折れてしまったあと、わりとすぐに騎士団をやめてしまいます。



イヴェルさんが足を失ったのに、それでも自分の道を歩いているのを見て、

自分は(周りから見れば)剣が折れただけでどうしていいかわからなくなってしまったのが、

恥である、と思ったりしたと思います。

でも自分にとっては大切なパートナーだったわけで…と苦悩。

(わりと長い間悩んでましたが退職金?とかで生活はできてました←ありますか!?)



それでも別の道を歩き始めた息子のように、自分も新たな道を探そうと思い始めたとき、

一番大切なのは何かって考えたらまぁ当然のごとく家族が出てくるわけで。

奥さんが寒い日が続くと膝が痛むのは前から知っていたので、

こうなったらいっそ引っ越しするか!みたいな感じで国を離れた…とか。

郵便屋さんからいきなり「引っ越します」って手紙をもらったイヴェルさんはびっくりしたと思います。(笑)





考えながら打ってるので、どこかで矛盾があったらすみません。

まあ流れはこんな感じでーくらいで。



Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Search this site.
Others